勤務先調査を依頼する前に

あなたと実際に関わる「人物の勤務先を知り得たい」状況になります。勤務先を知る理由は様々にあるとは思いますが、理由の多くに金銭が関わっていることが少なくありません。 金銭のやり取りが必要な関係にある間柄であり、継続的に相手からお金を受け取る正当な理由が存在しているケースがその殆どであると考えられます。 例を上げますと「損害賠償請求」を過去にした相手であり、毎月定額の金額を振り込む関係などが一般的と言えるでしょう。 そのような状況から変化が起きてしまい、相手からの振り込み金額が確認できない状況になってしまい、相手の給料を差し押さえることを目的として「現在の勤務先を調査」し確認する等は勤務先調査が必要となる代表的なケースと言えるでしょう。 他にも勤務先調査が必要な理由としては「浮気や不貞が原因で慰謝料を請求した相手から振り込みが途絶える」等も世間で耳にする理由の一つと言えます。 このように勤務先調査が必要な理由は幾つも存在し、理由に応じて探偵や興信所が調査方法を選択し調査を実施するのですが、勤務先判明が困難な状況が現実には存在し、ご依頼者とのトラブルに進展してしまうケースもあるのです。 ですから、トラブル防止の意味合いも込めて「勤務先が判明困難な事前条件」としてご相談・ご依頼の際にご説明した上でご納得いただけた方のみ調査委任契約を結ぶことが必要な調査と言えるのです。以下は勤務先が判明しない条件になりますので十分に認識した上で探偵との相談にお役立てされることが望ましいのです。

1:公簿上の現住所に居住していない。(別居状態・長期出張など)

2:調査対象者が入院中であり、自宅の在宅確認が困難なケースまたは健康を害して自宅療養中である。

3:稀に単身赴任等で実際の勤務先と異なる勤務先で勤務中、子会社に出向中の人物も正確な勤務先の判明は困難。

4:アルバイトや水商売・日雇い等の勤務形態及び、派遣会社に登録して勤務している状況で実際の勤務先が異なる。
もし、あなたが知り得たいと考えている人物の過去の職歴から判断して上記4項目に該当する可能性が高いケースでは勤務先が判明が困難と言えるのです。
すべての人物に上記条件が該当しないことは言うまでもなく、多くの人物の勤務先は判明すると言えます。 しかし、ご依頼者とのトラブルを避けることが探偵業法で必項とされている以上は、事前にリスク説明を実施して調査委任契約を結び調査に着手することが「勤務先調査の流れ」として最善と当社は考えております。 お依頼者が負担されるリスクが事前に想定される調査である以上、探偵業者のリスク説明は必要と判断出来るのです。 このようなリスク説明なしに調査を扱う探偵業者は「優良な業者ではない」可能性が高いため十分に注意が必要となっているのです。 そして、違法調査を平然とご相談者に進める行為はあってはならないと考えるのです。 以前から探偵業界のモラルが問題視され、探偵業法が制定されたという事実があります。 この探偵業法を順守していることが最低限必要とされるのです。