浮気が発覚する経緯

浮気が発覚する経緯は様々と言えます。昨今では多くの人物がスマートフォンや携帯電話を所有し、SNSを介して久しく連絡していない友人・知人や過去交際していた異性と簡単に連絡が取れる状況にあると考えられます。当然の流れなのですが、「浮気が発覚する理由」としてパートナーの疑わしい行動としても「SNSのやり取り」は外せない理由の一つとなっているのです。

SNSで情報を共有することは「親しく交遊している人物を浮彫」にします。頻繁にメッセージのやり取りを行うことは「自宅での行動にも変化」をもたらすこととなるのです。パートナーが自宅で肌身離さず携帯電話やスマートフォンを所持して行動するようになり、就寝や入浴中等は必ずロックが掛かっている。些細なことでも外出し携帯電話やスマホで誰かと楽しそうに交遊している現実は「浮気を疑う」状況としては最も濃厚で疑わしいと言えます。あわせて外出先での飲食が増加傾向にあり、浪費が増えクレジットカードの利用明細に疑わしい飲食店での利用記載があるケースなども「浮気が発覚する理由」として少なくないのです。

このような浮気が発覚する理由があなたのパートナーに重なるならば、情報を更に集めることが必要となる事でしょう。なぜなら浮気が招く様々なリスクは計り知れないばかりか、家庭を崩壊させる発端ともなるからです。浮気の熱に犯され、一時の迷いで家庭を壊してしまうことは絶対にあってはならないのです。

浮気を確信する嘘の数々

浮気を実行するには現実に「時間的余裕が必要」となります。誰が浮気するにしても時間は必要となるのです。

逆に言えば浮気を実行するには「浮気をして費やした時間に他の何かをしていた嘘が必要」となってしまうものなのです。例えるならば会社での勤務時間を終えた後に浮気をしているケースで浮気に費やした時間を嘘でごまかすならば「仕事が忙しく残業」で帰宅時間が遅くなってしまったや「同僚とのつきあい飲食」で帰宅時間が遅くなったなどは最たる理由と言えるでしょう。このような理由を口にした日時にクレジットカードが利用され明細に利用店や金額から「後に嘘であった」と判断できる嘘は数多く存在するものです。

他にも「今日は接待で銀座で一席」と事前に帰宅時間が遅くなる理由として話に聞いていたが現実には「表参道の有名ショップでお買い物」をした事実が後に利用明細から明らかになるのです。

このように浮気と嘘は表裏一体と言っても過言ではありません。浮気を確信するパートナーの嘘を見過ごさない為には「日頃の行動に注視し、裏付けが出来ないものか?」考える必要があると言えるのです。