不倫関係

不倫関係にある男女には人に言えない行動が多く存在します。人目を忍んで時間を共有する不倫は「制限が多く存在する関係」とも言い換えることが出来ます。同じ会社に在籍する既婚者同士の恋愛に代表される不倫関係を例えとすれば簡単に理解できることなのですが「社内の目を気にして周囲の人物に気づかれる事無く」不倫関係を継続する状況を想像していただければ「思うがまま気遣い無く自由に行動するわけには行かない」ことが容易に理解出来ることでしょう。

リスキーでメリットがほぼ存在しない不倫にもかかわらず「お互いに持っている無い物ねだりの欲求を解消」するためにズルズル関係が続いてしまう。不倫関係を継続するためにその場その場をしのぐ「不倫相手に些細な嘘を数多くつく」状況は珍しいことではありません。些細な嘘の積み重ねで継続している不倫関係には「壊れやすく脆い信頼関係」しか存在しませんし「嘘で継続した関係が後に幸せな関係に発展する事は無い」と言えるのです。

不倫関係を清算したいが自身で決断が下せない心情の依頼人から「不倫相手の真実の姿を調査して欲しい」等の依頼はポピュラーな不倫調査であると言えるのです。当然ながらこのような心情をお持ちの人物は「不倫にメリットが存在しない」ことを理解し精算するための「理由」を欲しているのです。

不倫関係を貫き幸せを手に入れる方はほんの一握りであると言えます。不倫が原因で家庭を壊し離婚し「それまでの退屈な日常がささやかな幸せであった」と後に気づき後悔する。不倫相手と新たに築く家庭も離婚して失ってしまった家庭も「比較できない幸せが存在」しているのです。

東京を拠点に数々の不倫関係に関わる調査を実施してきた調査会社である我々が認識していいる不倫調査は「依頼人の将来に関わる調査」であると断言できます。不倫関係にある当事者からの依頼であっても、不倫をされて家庭が壊れてしまった方からの依頼であっても実施する不倫調査は必ず依頼人の将来を選択する材料となっているのです。自身の将来を左右する判断に関わる調査の重要性は軽視できません。そして、不倫関係にある人物に身近な存在や親族にとっても小さな問題では無いと言えるのです。